【医療事務学科】連載ブログ2 施設・教材 紹介♪

医薬の医療事務学科がもっと知りたくなっちゃう連載ブログ⓶は

医療事務学科

「施設や教材の紹介♪」です🎵

 

まず一つ目はこちら!

\「医療事務実習室」です✨/

 

演習のシチュエーションに合わせて向きを変えたり、

医療事務に必要な収納やセットが備わった、

医薬の医療事務学科自慢のカウンターです😊✨

臨場感のある受付カウンターでの演習は、

学生たちの本気度も高まりますよ🔥

 

「医療実務論」という授業で主に使用しています✨

学生が患者さん役と受付役に分かれ、

受付から会計までの流れを演習します🏥

保険証を預かって、カルテを作成、そしてお会計からそのあとの整頓までの

事務作業の一般的な流れはもちろん、

体が不自由な患者さんや

お財布や保険証を忘れてしまった患者さんの対応の仕方も

学生が自ら考えて実践に移します👍

 

医療事務としての電話の対応も学びます📞

「そちらの病院に行きたいんですけど👨」

という電話でも、

お見舞いなのか、受診なのかで対応は変わりますよね🍀

実際現場に出たときに、すぐに活かせる力を身に付けます🌞

 

 

\つぎは、クラークの演習設備です ❕/

 

入院の準備をしたり、患者さんの心に寄り添い、看護師さんのサポートをするクラークさん🍀

クラーク業務の中での介護の技術や知識は、

病院のベッドサイドさながらの設備を使って学びます📚

 

ベッドから車いすへ移乗、車いすの操作、手浴や足浴、マッサージなど、

クラークとして患者さんの対応をする中で

必要不可欠な介護の技術を、

実際に事業所を設け、現場の介護を知っている講師が、

授業をしてくれています😊

 

また、患者さんの腕やベッドの枕元に取り付けるネームの作成や、

体温などの記録簿の記入など、

クラークとして必要な一連の作業も総合的に授業で行います👧

 

 

困っている人を見かけたとき、

人としてとっさにどう動けるかは、

知識だけでは無く、実践を通さないと身に付きません🐼

このような実践環境がある医薬だからこそ、

素早い判断や、適切なコミュニケーションを身に付けることができます✨

 

さらに、就職の内定も早く、

即戦力となれるため、病院からも喜ばれています🙌

 

 

 

オープンキャンパスでは、このような施設を見たり、

学生や先生ともたくさんお話しすることができます👌

ぜひオープンキャンパスに参加して、

もっと医薬の魅力を感じてみてください🎵

お申し込みはコチラ

 

 

3回目の医療事務連載ブログは10月24日(水)!

「医薬の医療事務学科の学生にインタビュー🎵」です🐼

おたのしみに✨

コメント