「登録販売者試験」全員合格!!〜喜びの声 第3弾〜

連載の最後は、何と今年初めて医療事務学科からチャレンジして

合格を勝ち取った2名です!

 

 

◆   ◆   ◆

 

1人目は医療事務学科2年「小山琴理」さんです!

 

 

1年生の4月から「薬理学」「薬剤学」「薬事関連法規」を薬業学科と合同で授業を受け、

1年間でほぼすべての基礎部分を学びました。
この段階で、「絶対に『登録販売者』の資格が欲しい」と思い、

担任の先生に相談して今後の勉強スケジュール等を立てました。

 

医療事務学科は2年生の前期に『診療報酬請求事務』『医師事務作業補助』

『調剤薬局事務』の検定があり、更に病院実習が2週間、就職活動もあります。
なので、空き時間に少しずつ勉強を始めました。


試験日の1カ月前からは、ひたすら過去問題を解いたり

放課後に友人と問題を出し合いました。
1週間前には、先生方が試験対策の時間を設けて下さり、

また解らない部分を聞きに行くとすぐに解説をして下さり…と、

本当に力を頂きました。
先生方や友人に支えていただいた結果、

合格することができたと心から感謝しています。

 

 

【1年時の担任から一言】

取得できるすべての資格を取り、また試験日前後には就職面接もあり、

時間的余裕の無い中、本当によく頑張りました。素晴らしい!

どれもこれも地道に頑張るあなただからこそ!!
就職先もいろいろ悩んだけれど、この資格を活用できる就職先で良かったですね。

もうすぐ長期研修で学校へは登校しなくなりますが、

どこへ行ってもそのガッツを忘れないでね。

 

◆   ◆   ◆

 

最後は医療事務学科2年「鈴木夢乃」さんです!

 

 

私は、高3の時に参加したオープンキャンパス

「医療事務学科でも登録販売者が取れる」と説明され、

絶対に取れる資格は全部取る!と決意して入学しました。
1年生で勉強方法や検定の勉強方法をマスターし、

2年生ではたくさんの検定の勉強を同時進行しました。

これまですべての検定に合格し、目標を達成しています。

 

◎合格できたポイントを挙げます◎
1.時間の使い方の工夫    
       昼休みに登録販売者試験の過去問題、

   放課後は診療報酬請求事務、

       帰りの電車内で登録販売者の1問1答、

    帰宅後は登録販売者の過去問題
2.授業を真剣に聴いてまとめる


 ◎感想◎
   薬業学科に比べ、対策の授業が少なかったので、

フリーの時間を多く活用しました。また「漢方」は授業がないので、

独学で勉強し、先生に聞きに行きました
去年までの「100%合格」というプレッシャーに辛くなったこともありました。

 

 ◎後輩へ◎
   時間は少しタイトになりますが、医療事務学科でも取得可能です。

ぜひ私たちの後に続いて合格を目指して下さい。

せっかく授業で登録販売者の全体的な事を習うのに、

受験しないのはもったいない!

 

 

【担任から一言】

毎日電車通学をして、皆勤

目標を達成するためにもくもくと努力する姿は私も感動しました。

医療事務学科では「卒業後に登録販売者の資格取りました」という報告を受けていましたが、

学生のうちに取得でき、本当に快挙です。嬉しい限りです。
どんなことにもチャレンジし、

頑張る姿勢は社会人になってもあなたなら続けられます。

 

◆   ◆   ◆

 

3回にわたる「喜びの声」いかがでしたでしょうか。

医薬では薬業学科はもちろん、医療事務学科でも

学科を超えて「登録販売者」が取得可能です。

そして

合格100%の実績

一人ひとりに合わせた試験対策や先生・友人の支えによるものです。

入学を少しでも考えているみなさん、

ぜひぜひ医薬を体感してみてください!


 

コメント