【医療事務学科】連載ブログ1 医薬の先生にインタビュー♪

本日10月10日と、17日、24日の3回連続で

医薬の医療事務学科について

もっと知りたくなっちゃう連載ブログを行います🎵

 

本日1回目は、

「医薬の先生にインタビュー!」です。

 

インタビューしたのは医療事務学科の

藤田先生!

 

\そして、太田先生!

 

Q.先生が感じる、医薬の魅力は??

藤田先生

「みんな医療業界を目指して入学するので、

全員が同じスタートを切り、同じ目標に向かって、全員で頑張っているところ✨

楽しい学校生活にするために、学生達も自分で工夫しています🎵

また、楽しむところと頑張るところ、オンとオフをしっかりできるのも、

医薬の学生のいいところです🍎」

 

太田先生

「素直で真面目な学生が多く、どんなことにも一生懸命に取り組んでくれます👍

専門的な知識を学ぶだけではなく、

社会性を身に付けるための指導もすんなり受け入れ、

習得してくれるところも、医薬の学生の魅力✨

素直に一生懸命に取り組む学生が多く、

みんなが成長できる環境がありますよ👩」

 

 

Q. 医薬の医療事務学科でもっとも大切にしていることは??

 

藤田先生

「医療事務学科は、『医学』『薬学』『介護』の3本柱で学習しますが、

その根底には『医療人として社会に出る』ための準備があります🌸

好かれる人に、信頼される人になれるように、

時には口をすっぱく、指導しています🌼」

 

太田先生

『個』を大切にするということです👧

ひとりひとりを見て、ひとりひとりに声を掛けることを心がけています🌷

時には授業中に人生論を語ることもありますよ👨

社会に出たあとも

『見守られている』『味方になってくれる人がいる』ということを

心にとどめておいてくれたらいいなと思っています🌻」

藤田先生は、なんと医薬の卒業生✨

10年の病院事務経験を積んだのち、教員として戻ってきました。

昔は学生として、そして今は教員として、医薬と関わっています🌱

太田先生は当時からの恩師。

2人に思い出を聞いてみました😊

 

Q. 学生時代の太田先生との思い出は??

藤田先生

「2年次の4月の面談をよく覚えています👦

勉強や就職の話だけではなく、

住まいのこと、そして心の面まで相談に乗ってくれて、

とても安心しました🌞

10年前から個人を大切にして指導してくれていましたね🌸

教員になって、まだ戸惑う事はあるけれど、

個人を見守る姿勢や、学生に寄り添う姿勢を

引継いでいきたいと思っています✨」

 

太田先生

「インパクトの強い学生だったのでとっても良く覚えていますよ😊

オープンキャンパスの日、道外から朝早くに、学生服で夜行列車でやってきたんです🚈

たくさん話をして、ぜひ頑張ってほしいと感じた学生でした!

親元を離れ入学してきたときは、『任せてください』という気持ちでいっぱい👧

卒業した後も、将来を期待していました✨」

 

Q. 医療業界をめざすみなさんにメッセージを🎵

藤田先生

医療の業界は絶対になくなりません🏥

病院事務として働いていたとき、受付や事務だけでは無く、

病院の運営に関わる仕事にも挑戦することができました✨

医療事務やクラークは、

さまざまな働き方の可能性が広がる、素晴らしいお仕事👍

ぜひオープンキャンパスで

その可能性を感じてみてください😊」

 

太田先生

「医薬では、病院事務としての仕事で一生が終わるわけでは無く、

将来どのような道に進んでも、人が生きていくうえで重要なことを伝えています🌸

人生観や、生き方、困難への対処、

医療事務のノウハウだけではなく、

『どう生きていくのか』を考えていける力をつけてもらうことを信念としています✨

医薬から社会人に成れて良かったなと

卒業後には思ってもらえるような毎日を過ごしてほしいと願っています🌞」

 

医薬のオープンキャンパスでは、先生とはもちろん、

学生ともお話しできますよ🍎

 

ぜひオープンキャンパスに参加して、

もっと医薬の魅力を感じてみてください🎵

お申し込みはコチラ

 

 

2回目の医療事務連載ブログは10月17日(水)!

「医薬の医療事務学科の施設や教材について」です🐼

おたのしみに✨

コメント